エディオンWiMAXキャンペーン

エディオンのwimaxキャンペーンとは?

wimaxのサービスを提供しているのは、大手プロバイダだけではありません。

家電量販店のエディオンでも、サービスの提供が行われており、データ端末が1円で購入できるキャンペーンを展開しています。

種類も豊富で、全6機種の中から自由にデータ端末を選ぶ事ができます。

ただ、データ端末の1円キャンペーンという点でいうと、@niftyも負けてはいません。

@niftyも、現在1円でデータ端末が購入できるキャンペーンを展開しています。

種類は4種類と少ないですが、Wi-Fiモバイルルーターにはクレードルがセットになっています。

エディオンは、クレードルは別売りとなっているので、クレードルが必要な場合は、購入しなければいけません。

その点、クレードルがセットで1円となっている@niftyの方が、種類は少ないとはいえお得と言えるのではないでしょうか。

料金プランはどちらも、1年契約となっています。

1年契約は、2年契約よりも圧倒的に解約金のリスクを減らす事ができるので、オススメです。

しかし、毎月の支払い料金も気になるのではないでしょうか。

エディオンは毎月3,880円、@niftyは毎月3,853円なので、後者の方が毎月27円安くなります。

しかし、エディオンカードを持っている場合、210円の割引が受けられます。

割引後の価格は、3,670円となるので183円安くなる可能性もあるという事です。

その為、カードを作っているのであれば、カードの割引を活用してwimaxを利用した方がお得と言えるでしょう。

また、今すぐにwimaxを利用したいといった場合にも、家電量販店は魅力です。

例えば、@niftyやBIGLOBE、So-netといったプロバイダの場合、データ端末の到着にまで日数がかかります。

@niftyは最短4日と謳っていますが、それ以上かかるケースも珍しくはありません。

その点、エディオンのような家電量販店は、店舗での申込が行えます。

つまり、店舗に希望する機種があれば、その場で申込が済むので、申し込んだその日からwimaxを使う事も不可能ではないという事です。

その為、今すぐにwimax環境が必要だという方は、申込が行える近くの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか?しかし、それほどまでに急いで環境を整える必要がないという方は、キャッシュバックキャンペーンも展開されている@niftyやBIGLOBE、So-netといったMVNO回線業者を選んだ方がお得です。